MENU

24.2.6 決算メモ

2024年2月6日開示分の決算メモ。

上方修正&増配のニッスイ四国銀行ロンシール、記念配&増配のレンゴーなど。

個人的にウォッチしてる&気になった銘柄のみ。

目次

8020 兼松(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は77%ほど。

「その他」以外の4部門はすべて増収。電子・デバイス事業好調。鉄鋼は持分法投資損失、エネルギーは国内需要減で苦戦。

通期の営業利益予想を上方修正。

3941 レンゴー(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は92%ほど。(偏重あり)

板紙・紙加工・軟包装関連で価格改定効く。

増配&記念配。

3566 ユニフォームネクスト(4Q)

本決算は増収増益。4Q単独でも増収増益。

サービスは人流戻った飲食店からの注文増。医療は商品単価値上げや大口注文などで増。オフィスワークはファン付き作業服など夏物好調。システム効率化で人件費抑制。

今期予想は増収増益。新規獲得会員のリピーター化推進。オンラインも含めたホールセールへのアクションを強化し、高単価の受注を取り込み。

1332 ニッスイ(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。

食品は国内外とも価格転嫁で増益。水産は市況が調整局面に入り苦戦。ファインケミカルは日水製薬売却でマイナス。

通期上方修正&増配。

4188 三菱ケミカル(3Q)

3Qは大幅増益。3Q単体でも大幅増益。経常利益進捗率は73%ほど

産業材等の需要低迷でスペシャリティマテリアルズ・ベーシックマテリアルズの販売数量減。産業ガス・ヘルスケア(ラジカヴァ)は好調。クオリカプス社の全株式を譲渡。

9347 日本管財(3Q)

株式移転により前期決算実績記載なし。経常利益進捗率は74%ほど。

新規管理案件の受託、契約更改が順調に推移。

8387 四国銀行(3Q)

3Qは減収増益。3Q単独では増収増益。経常利益進捗率は80%ほど。

国債等債券売却損や国債等債券償還損が減少。

通期上方修正&増配。

4224 ロンシール工業(3Q)

3Qは大幅増益。3Q単独でも大幅増益。

主力の建材製品好調。不動産も順調。

通期上方修正&増配。

2733 あらた(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は83%ほど。

全カテゴリー・全業態で増収。配送費・人件費増だが、IT施策実施で庫内・業務生産性向上。

3395 サンマルク(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は89%ほど。

レストラン・喫茶事業ともに増収増益。出店15。

3834 朝日ネット(3Q)

3Qは小幅減収減益。3Q単独では減収増益。経常利益進捗率は67%ほど。

V6コネクトは通信量増加。manabaは減少傾向変わらず。ネットワーク構築に直しで通信費減。コンタクトセンター刷新の一時費用を3Qに計上。

4350 メディカルシステムネットワーク(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は88%ほど。

処方箋単価下落、処方箋枚数増加。医薬品ネットワークは閉局やMAによる脱退で純増件数が計画を下回る。

4676 フジメディア(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は72%ほど。

メディア・コンテンツは増収減益。フジテレビ・ニッポン放送・DINOSなどが不調。都市開発・観光は堅調。不動産の管理・売却好調。ホテル・鴨川シーワールドなども好調。

6073 アサンテ(3Q)

3Qは減収減益。3Q単独でも減収減益。経常利益進捗率は61%ほど。

広島・高知に営業所開設。新規申込売上高は増加も、訪問営業等は苦戦。営業用販促費増加。アドバンテッジアドバイザーズと事業提携契約。

8012 長瀬産業(3Q)

3Qは小減収減益。益。3Q単独でも減収減益。経常利益進捗率は80%ほど。

機能素材・加工材料が減収減益。生活関連は粗利増だがPrinovaグループの人件費増加、ユタ新工場の利益貢献の遅れ等で営利減。

8282 ケーズ(3Q)

3Qは減収減益。3Q単独でも減収減益。経常利益進捗率は57%ほど。

夏商戦は猛暑により好調、冬商戦は暖冬により不調。消費マインドの低下、買い替えサイクルの長期化は継続。出店12、退店6。

6718 アイホン(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。

日本・北米好調。価格改定、部品供給回復など。

通期利益を下方修正。

4732 USS(3Q)

3Qは1割ほどの増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は76%ほど。

オークションの出品・成約台数増加。手数料改定。中古自動車買取販売・リサイクルも好調。

2317 システナ(3Q)

3Qは小幅増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は67%ほど。

フレームワークデザイン・ITサービス・ビジネスソリューションなど好調。ソリューションデザインは1Qの不採算案件とその機会損失を取り戻せず。

8584 ジャックス(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独では増収減益。経常利益進捗率は83%ほど。

全セグメント増収。割賦利益繰延残高と信用保証残高の積み上げ順調。債権流動化実施で債権譲渡益発生。貸倒関連費用・金融費用増加。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次