MENU

24.2.2 決算メモ

2024年2月2日開示分の決算メモ。

上方修正&増配の東リ・GSIクレオス、事故費用計上のJAL、優待変更のエディオンなど。

個人的にウォッチしてる&気になった銘柄のみ。

目次

7971 東リ(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。

プロダクト・インテリア卸と工事ともに増収増益。原価低減、価格転嫁も進む。

通期上方修正&増配。(配当性向30%以上 or DOE1.5%以上)

8101 GSIクレオス(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独では減収減益。

繊維事業好調。工業製品は半導体が調整局面で不調。米国の対中輸出規制で中国子会社の取引減。

通期上方修正&増配。(配当性向50%)

9305 ヤマタネ(3Q)

3Qは増収減益。3Q単独でも増収減益。経常利益進捗率は79%ほど。

物流以外の3部門は増収増益。物流も増収だが外注費用など増加で減益。ショクカイ子会社化でM&A費用など発生。さいたま市の遊休不動産売却。

4275 カーリット(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は78%ほど。

全部門増益。化成品・ボトリングなど好調。

1301 極洋(3Q)

3Qは減収減益。3Q単独では減収増益。

価格転嫁浸透も世界的なインフレによる消費マインドの悪化厳しい。処理水関連で中国への輸出禁止も痛手。退職金給付制度変更で特益。

通期予想修正。売上・純利益減、営業・経常利益増。増配。

2730 エディオン(3Q)

3Qは減収減益。3Q単独でも減収減益。経常利益進捗率は65%ほど。

コロナ収束やPC買い替え需要の反動など。季節家電・携帯電話・ゲームなどは好調。サンフレッチェ広島を連結子会社化。

株主優待変更。長期保有での加算額増額。

2480 システムロケーション(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は69%ほど。

顧客業者の「長納期化」は完全に解消されておらず、商品の新規導入・開発は想定より遅い。前年1QはMA関連費用や顧客関連資産償却費の増加あり。

3099 三越伊勢丹(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。

通期上方修正&増配。福証上場廃止申請。

2.9%の自社株買い(24年3月まで)→取得した全株消却を発表。

3738 ティーガイア(3Q)

3Qは小幅増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は65%ほど。(4Q偏重?)

直営店舗の来店客数回復基調。独自商材も販売堅調。Relay2の減損損失計上。

通期の純利益を下方修正。

3943 大石産業(3Q)

3Qは増収減益。3Q単独でも増収減益。経常利益進捗率は68%ほど。

販売価格修正の効果あるも、販売数量の減少と製造固定費の増加を補いきれず。八戸工場火災の損害保険金あり。

4800 オリコン(3Q)

3Qは減収減益。3Q単独でも減収減益。経常利益進捗率は62%ほど。

主力のコミュニケーション事業は「顧客満足度調査」「ニュース配信・PV」ともに不調だが、1・2Qに比べると改善傾向。前年好調だった企業プロモーションの反動、広告単価の減少など。

5903 シンポ(2Q)

2Qは増収増益。2Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は55%ほど。

国内はその他工事の受注増。海外は製品等の売上好調。

5933 アルインコ(3Q)

3Qは小幅減収増益。3Q単独では減収減益。経常利益進捗率は103%ほど。

建設資材は購買からレンタルへニーズ変化。住宅機器・電子機器は仕入れコスト上昇や設備投資費用を価格転嫁で補いきれず赤字。

6888 アクモス(2Q)

2Qは増収減益。2Q単独では増収増益。経常利益進捗率は26%ほど。(3Q偏重)

ITソリューション・ITインフラ好調。ITサービスは半導体不況の影響受ける。プライムシステムデザイン子会社化。

8242 H2Oリテイリング(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。

インバウンド・国内消費ともに堅調。経費コントロールも効く。

通期上方修正。

8418 山口フィナンシャル(3Q)

3Qは増収増益。3Q単独でも増収増益。経常利益進捗率は91%ほど。

貸出金利息・有価証券利息配当金増加。

8881 日神グループ(3Q)

3Qは減収減益。3Q単独では減収増益。赤字。(4Q偏重)

不動産証券化事業の売上増加も、新築分譲マンションより利益率低い。建築事業は受注高・受注残高ともに増だが、進捗率低く、大部分の工事に原価高騰織り込めていない。

通期下方修正&減配。

9059 カンダ(3Q)

3Qは減収増益。3Q単独でも減収増益。経常利益進捗率は89%ほど。

国内は価格転嫁進み堅調。国際は荷動き停滞・需要ひっ迫解消で不調。

9201 JAL(3Q)

3Qは大幅増収増益。3Q単独では増収減益。純利益進捗率は107%ほど。

フルキャリア・LCCとも回復鮮明。1/2の衝突事故の航空機の全損に伴う営業費用を約150億円計上予定。羽田C滑走路閉鎖の減収は約20億円と想定。

9324 安田倉庫(3Q)

3Qは増収減益。3Q単独では増収増益。経常利益進捗率は79%ほど。

海上運賃下落で国際貨物取扱料は減少。倉庫保管料、作業料、陸運料で増収。

2428 ウェルネット(2Q)

2Qは小幅減収増益。2Q単独では減収減益。経常利益進捗率は49%ほど。

付加価値の高い商材の販売が増加。前期は特別利益あり。「ekaiin」「しまえーる」など推進。「スルッとQRtto」は今年6月サービス提供開始。

7575 日本ライフライン(3Q)

3Qは小幅減収増益。3Q単独では小幅増収増益。経常利益進捗率は79%ほど。

「RF Needle」は商流変更で大幅減。コロナリー・インターベンション関連も事業終了に向け大幅縮小。リズムデバイス・心血管関連は好調。

9433 KDDI(3Q)

3Qは小幅増収増益。3Q単独でも小幅増収増益。営業利益進捗率は79%ほど。

ローミング収入の減少をNEXTコアの成長でカバー。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次